不動産会社の方へ

貴社に「任意売却」の案件が持ち込まれた場合、手間がかかるからといって断らず、弊社にご紹介くださいませんか?弊社では日本各地の不動産業者の方々との連携をお願いしています。加入金とか、参加費用とか、事務手数料とかの料金は一切ございません。

弊社に相談に来られるお客様(債務者)のほとんどの方が「住宅ローン」の支払いに行き詰まったり、ご自宅を競売にかけられてしまった方です。この方々の話を聞くと、弊社に相談に来られる前にほとんどの方が、皆様のところ(物件を購入した不動産会社とか近所の不動産会社)へご相談に行っていらっしゃいます。債権者・抵当権者である銀行さんに最初に行かれる方は10人中2人くらいなものです。

ところが、皆様は、この様な状況に置かれた方が、ご相談にいらっしゃっても「借入金」と「売買価格」を比較して「借入金」が「売買価格の1.5倍〜2倍」にもなると、『銀行に先ず相談に行った方が良いですよ』と、相談に来られた方々を帰してしまっていることと思います。また、この様なケースは1〜2回ではなく、かなり有る事でしょう。

弊社に来る相談のメールの7割方は「近所の不動産屋さんに行ったら、ウチでは無理ですので、先ず銀行に行った方がいいですよ。と言われ毎日悩んでいます。ネットで貴社のHPを見ましたお電話下さい」と書かれております。

そこで不動産会社の方にご提案です。
皆様のところへご相談に来られた方々を『門前払い』せず、ぜひ当社へご一報ください。不動産業者の皆様に、当社との連携で『任意売却』を行う2つのケースをご提案させて頂きます。


ご提案 【1】

不動産会社の方へ
(A) 物件所有者が貴社へご相談
(B) 当社への連絡
(C) 専任媒介契約
(D) 専任媒介契約のコピーを送付
(E) 販売活動
(F) 買付証明書を送付
(G) 債権者と協議
(H) 売買契約締結
(I) 決済・抵当権等抹消・物件お引き渡し
(J) 業務委託料(仲介手数料の30%)受領


ご提案 【2】

ご提案 - 2
(A) 物件所有者が貴社へご相談
(B) 当社への連絡
(C) お客様へ連絡・面談・媒介契約締結および送付
(D) 販売活動
(E) 買付証明書受理・送付・協議
(F) 売買契約締結および送付
(G) 決済・抵当権抹消・物件お引き渡し
(H) 紹介料(仲介手数料の20%)ご送金

上記ご提案(1)(2)の場合、皆様と 【 業務委託契約 】 を結びます。
    あなたに合った最良の解決方法で、いち早く悩みを解決致します。
    競売や任意売却・・・誰にも相談できない借金の悩み。こんな事に慣れている人なんて一人もいません。みなさんが「初めての事でどうしていいかわからない」とおっしゃいますし、ただ家族や今後の生活の事を心配していらっしゃいます。しかし、最後にはほっと肩をなで下ろし、安堵の笑みを浮かべていらっしゃいます。
    住宅ローンの滞納・未払い問題など、あなたの今のお悩みを伺い、「個人再生の住宅ローン特則」を利用するのか?「任意売却で解決するのが良いのか?」「競売で処理した方が良いのか?」アドバイスいたします。任意売却専門業者だから持っている対応策のバリエーションで、あなたのための解決ご提案ができると思います。
お気軽にご相談下さい
お問合せはこちら

売却.netページ上部へ