住宅支援機構の競売

住宅金融支援機構(住宅支援機構)では競売から任意売却へは変更してくれません!

住宅金融支援機構でお借入をしている住宅ローンの延滞・滞納で競売になってしまわれた場合、 以前とは違い、任意売却に応じてはくれません。
住宅金融支援機構では100パーセント任意売却に応じ無いという事ではないのですが・・。任意売却に応じてもらう条件は 『100万円』 の支払を支援機構側に支払わなければなりません。 100万円を払って初めて住宅金融支援機構に、任意売却をするか否かを話し合うテーブルに着いていただけるという状況です。

住宅支援機構への任意売却に関する申出書



任意売却のご依頼をお断りする場合も考えられます!

●住宅金融支援機構さんの姿勢は「競売になってしまった案件は任意売却を認めない」となってしまっております。
 従って、住宅金融支援機構さんがらみで競売まで行ってしまっているご依頼は、弊社でもお引き受けできないと考えます。
●住宅金融支援機構さんのお借入を滞納・延滞していて、未だ競売の通知が届いていない状況であれば任意売却は可能です。
 手遅れになる前に速やかに行動を起こしてください!



    あなたに合った最良の解決方法で、いち早く悩みを解決致します。
    競売や任意売却・・・誰にも相談できない借金の悩み。こんな事に慣れている人なんて一人もいません。みなさんが「初めての事でどうしていいかわからない」とおっしゃいますし、ただ家族や今後の生活の事を心配していらっしゃいます。しかし、最後にはほっと肩をなで下ろし、安堵の笑みを浮かべていらっしゃいます。
    住宅ローンの滞納・未払い問題など、あなたの今のお悩みを伺い、「個人再生の住宅ローン特則」を利用するのか?「任意売却で解決するのが良いのか?」「競売で処理した方が良いのか?」アドバイスいたします。任意売却専門業者だから持っている対応策のバリエーションで、あなたのための解決ご提案ができると思います。
お気軽にご相談下さい
お問合せはこちら

売却.netページ上部へ