競売にかかっている方


競売を取り下げてもらう事はできます。


競売で売却されても、任意売却で処理しても、「債務」は「残る」のです。

競売でも任意売却でも、あなたには残った債務を支払う義務があります。しかし、任意売却でのご自宅の売却であれば、競売で売却されるよりも「残る債務」は通常少なくなります。
そして、もっとも有利な点として、任意売却で処理された場合は、残債務の毎月々の支払い金額も大幅に減額(支払額が、1万円とか2万円とか3万円に)してもらえる交渉が債権者さんと出来るのです。
競売も任意売却も自己破産をすれば、その後の残債務の支払いは免責されます。
が、自己破産は最後の最後の手段と考えてください。

もう手遅れかも知れませんが・・・

もし、担保不動産競売開始決定の通知が届いたばかりであれば、あなたには約6ヶ月間の余裕は有ります。この6ヶ月間の間に任意売却を成立させてしまえば競売を回避することができます。
しかし、あなたが、この競売開始決定通知をいつ貰ったか記憶に無い様でしたら「時間」的な余裕が全くないと考えてください。今、この瞬間にも競売の手続きは進んでいるのです。
ダメで元々、一度お電話をしてみてください。このままではあなたの状況は不利になるばかりです!!
任意売却後の残った支払い等についてお話が出来るかもしれません。

最近の競売・落札後の明け渡し事情

最近の競売落札者の傾向としては、「立ち退き料」又は、「引っ越し代」は、よほどの事情が無い限り支払ってくれないのが普通です。裁判所の明け渡し命令を持って居住者を強制執行で排除する場合がほとんどです。
「競売落札後も、このまま住み続けたいのですが・・・」という相談が多々ありますが、この場合は、その物件を競落したその物件の新・所有者とご相談なされると良いでしょう。あなたは、その物件の元・所有者であって、現在の所有者ではないのです。法的には現在のあなたは、その物件の不法占拠者という立場なのです。新・所有者はあなたを合法的に、その物件から排除する事も可能な立場です。
その物件に、そのまま住みたいのであれば、落札者と賃貸借契約を結び、その物件を借りるという形でしか、そこには住むことはできません。又は、その落札者から購入する以外に道は無いでしょう。

最後の誠意を債権者に見せてみませんか?

競売で売却されてしまうより、任意売却で処理すれば10%~25%は多目に債権者に借りたお金を返す事が可能です。
債権者(保証会社)とか銀行さんに1円でも多く返済したいというあなたの、最後の誠意を示してみませんか!
債権者の多くは、あなたのその誠意に対し残った債務の支払い方法などに融通を利かし、便宜を図ってくれます。
多く返済することができれば、その分、あなたに残る債務が減るということです。


    あなたに合った最良の解決方法で、いち早く悩みを解決致します。
    競売や任意売却・・・誰にも相談できない借金の悩み。こんな事に慣れている人なんて一人もいません。みなさんが「初めての事でどうしていいかわからない」とおっしゃいますし、ただ家族や今後の生活の事を心配していらっしゃいます。しかし、最後にはほっと肩をなで下ろし、安堵の笑みを浮かべていらっしゃいます。
    住宅ローンの滞納・未払い問題など、あなたの今のお悩みを伺い、「個人再生の住宅ローン特則」を利用するのか?「任意売却で解決するのが良いのか?」「競売で処理した方が良いのか?」アドバイスいたします。任意売却専門業者だから持っている対応策のバリエーションで、あなたのための解決ご提案ができると思います。
お気軽にご相談下さい
お問合せはこちら

売却.netページ上部へ