連帯保証人になるべく迷惑をかけない為に

住宅ローンが払えません。連帯保証人に迷惑がかかるのが怖いです!

● 住宅ローンを慢性的に滞納しております、このままでは破産します。
● 任意売却後の残債務は連帯保証人に請求されるのでしょうか?
● 債務超過・オーバーローンで住まいを売った場合のその後はどうなるのでしょうか?
●任意売却で連帯保証人へ迷惑をかけない方法はあるのですか?

任意売却でも競売でも連帯保証人へ迷惑はかかります

最低限の迷惑で済むご提案をさせていただきます

あなたが住宅ローンを滞納したため、債権者から競売ないし任意売却の催告を受けてしまった場合。あなたは競売か任意売却かを選択しなければなりません。
競売で処理されても、任意売却で処理されても、あなたには住宅ローンの残った借金の支払い義務は継続します。あなたが、その残債務の支払いができない場合には連帯保証人へ支払いの請求が行くことになります。
当然、連帯保証人には迷惑はかかります。そして、連帯保証人はこの請求から逃れることはできないのです。
弊社は、連帯保証人様への迷惑が最低限度で済むご提案をさせていただく事ができます。

連帯保証人様への被害は最小限度に止めます

連帯保証人として署名捺印をしている。連帯保証人として契約書の署名捺印させてしまった。もちろん意味も無く軽いお気持ちで署名ご捺印をされているのでは無いと思います。保証人になってしまわれた以上はこの様な状況になった場合も有ると覚悟を決めていただかないといけません。当然、影響は有ります。無傷では済みません。

そこで、弊社は保証人になられている方に最小限の影響だけで済むように全力で対処いたしております。

また、弊社では任意売却後の残った住宅ローンの支払い・債務を、ご依頼者様および連帯保証人様にとって納得のゆく内容で債権者側と交渉し、そして話を取りまとめます。
    あなたに合った最良の解決方法で、いち早く悩みを解決致します。
    競売や任意売却・・・誰にも相談できない借金の悩み。こんな事に慣れている人なんて一人もいません。みなさんが「初めての事でどうしていいかわからない」とおっしゃいますし、ただ家族や今後の生活の事を心配していらっしゃいます。しかし、最後にはほっと肩をなで下ろし、安堵の笑みを浮かべていらっしゃいます。
    住宅ローンの滞納・未払い問題など、あなたの今のお悩みを伺い、「個人再生の住宅ローン特則」を利用するのか?「任意売却で解決するのが良いのか?」「競売で処理した方が良いのか?」アドバイスいたします。任意売却専門業者だから持っている対応策のバリエーションで、あなたのための解決ご提案ができると思います。
お気軽にご相談下さい
お問合せはこちら

売却.netページ上部へ