任意売却の流れ(公庫の場合)

任意売却の流れ・任意売買の流れ

このページでは住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫) (公庫窓口銀行)の
任意売却の流れ・任意売買の流れをご説明します。
住宅金融公庫と公庫以外の金融機関とでは流れ・手順が若干違いますので
▶▶▶銀行様の場合の任意売却はこちら

任意売却・任意売買の流れ - 住宅金融公庫の場合

    住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)(公庫窓口銀行)からの督促
    当社へ相談
返済・債務状況の確認を行います。
    専任媒介契約の締結
お客様と当社の間で物件販売の契約を結びます。

(延滞6ヵ月で事故となります)
    住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)へ書類を提出

  • ● 当社が販売活動をする旨を住宅金融公庫に伝えます。
    ● 任意売却に関する申出書 専任媒介契約書
    ● 売り出し価格確認申請書
    ・価格査定書 ・実査チェックシート  ・価格査定
    ・路線価図 ・周辺地図  ・住宅地図 ・写真


    • 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)より【 売出価格 】が提示されます

      販売活動の開始
    「自社ホームページ」「中部圏不動産流通機構のデータベース」などへ
    積極的に登録を行い販売をしていきます。
    ※地方の物件は、販売委託会社による販売活動を行います。

      買い主様より買付証明書を受理

      売買契約の締結

      債権者との交渉
    抵当権全額の抹消の協議。 応諾していただける「配分表」の作成。

      債権者との合意
    抵当権の抹消、差押えの解除。

      債権者との残務の返済方法の決定
    支払いが厳しい場合は、当面は毎月1万円程度を返済して行くことで 和解していただきます。

      決済・所有権移転そしてお引き渡し

      ローンからの解放→再スタート

      遅くとも10年以内には新しい マイホームの購入が可能となります

    任意売却の流れを図解

    【Step1】お問い合せ

    ● 離婚に伴い住宅ローンの支払いに支障をきたし、先行きローンの支払いの延滞が予想される。
    ● 競売にかけられてしまった。
    ● 物件がオーバーローン・担保割れ状態で、不動産屋に売却を断られた。先ずは、弊社にご相談下さい。
      経験豊富な任意売却門スタッフが最後の最後まで責任を持ってお世話します。

    【Step 2】専任媒介契約・業務委託契約

    ● ステップ1 のご相談で納得いただければ債権者との交渉や
      お客様の物件の販売活動のために専任媒介契約を結んでいただきます
     (費用は一切かかりません)
    任意売却の流れ(公庫の場合)

    【Step 3】現地調査・販売活動

    ● ご依頼者様の住宅ローン返済の状況・債権者の状況をリサーチ・分析。
    ● 任意売却の立案をします。
    ● 債権者との交渉そして同意を得、物件の販売活動を行います。
    ● 販売活動を行い、買い主を見つけます。
      東海三県にある当社のネットワークを駆使して
      素早く販売するよう心がけます。
    任意売却の流れ(公庫の場合)

    【Step 4】債権者との交渉

    ● 買い主が見つかると、債権者との販売価格の交渉を行います。
    ● 債権者全社と抵当権の解除。差押えの取り下げの交渉を行います。
    ● 上記行程と平行してご依頼主様の引越先を探します(必要であれば)。
    ● 残債務に関する支払いの交渉を行う。
    任意売却の流れ(公庫の場合)

    【Step 5】債権者との合意・売買契約

    ● 売買代金の決済。
    ● 物件のお引き渡し。
    ● 仲介手数料の清算(債権者より)
    ● 引っ越し代を出してくれる債権者も有ります。
    任意売却の流れ(公庫の場合)

    以上が一般的な「任意売却の流れ」なのですが、実際にはお客様の事情により多種多様なケースが有り、
    その方法も多種多様となります。お客様と弊社で入念なお話し合いをすることでお客様にとって最良の方法で対処していきます。
    また、専門の弁護士などの紹介をして、様々な状況にも対応します。
    どうか、安心して弊社へメール又はフリーダイヤルでご相談下さい。

    任意売却を行う業者に求められるもの

    ●担保不動産の実務に精通していること。
    ●処分価格の妥当性を証明できること。
    ●高く売ることの出来る業者であるこ。
    ●早く売ることの出来る業者であること。
    ●金融機関に信頼があること。
    任意売却の流れ(公庫の場合)
    任意売却するためには債権者(担保権者等)の合意が必要です。
    その折衝にあたっては、上記のような条件が求められます。

    任意売却のやりかたの違い

    このページに記載してある「任意売却の流れ」は、「おおまかな流れ」です。
    実際には依頼主様や任倍の業者さんによって流れや手法は違います。
    ただあまりその違いを気にしないことです。私たちの目的はは依頼主様の任意売却の成功と、その後の残債務支払いの交渉にあります

    滞納と延滞の違い!

    滞納

    ● ある物を納付する義務のある者が定められた期間内に納めないこと。広辞苑(岩波)
    ● 期限を過ぎても税金・会費などを納めないこと。新明解国語辞典(三省堂)

    延滞

    ● 支払いや納入が期日より長く延びて滞ること。広辞苑(岩波)
    ● 税金・家賃などの支払い予定の期日より遅れて処理されずにたまること。新明解国語辞典(三省堂)

    ▶▶▶銀行様の場合の任意売却はこちら

      あなたに合った最良の解決方法で、いち早く悩みを解決致します。
      競売や任意売却・・・誰にも相談できない借金の悩み。こんな事に慣れている人なんて一人もいません。みなさんが「初めての事でどうしていいかわからない」とおっしゃいますし、ただ家族や今後の生活の事を心配していらっしゃいます。しかし、最後にはほっと肩をなで下ろし、安堵の笑みを浮かべていらっしゃいます。
      住宅ローンの滞納・未払い問題など、あなたの今のお悩みを伺い、「個人再生の住宅ローン特則」を利用するのか?「任意売却で解決するのが良いのか?」「競売で処理した方が良いのか?」アドバイスいたします。任意売却専門業者だから持っている対応策のバリエーションで、あなたのための解決ご提案ができると思います。
    お気軽にご相談下さい
    お問合せはこちら

    売却.netページ上部へ