住宅ローンが払えなくなったら

任意売却という方法で家を処分しましょう

銀行への返済に行き詰まり新たに高い金利で返済するといった苦しいやりくりを繰り返していると将来必ず破滅します。
親・兄弟・親戚が連帯保証人になっているのなら、尚更、借金の深みにはまる前に家を売ってしまう事を考えるべきです。
▶▶▶住宅ローンが破綻した事例

住宅ローン行き詰まったら任意売却です


住宅ローン行き詰まったら任意売却です!

「もう1ヶ月、2ヶ月早く相談していれば」という方々が多々おります。
上記の図で多少順序が前後したとしても、あてはまる方々は任意売却をいち早くご相談下さい。

● 安い金利で借りた住宅ローンの返済に、今度は高い金利で借金をして返済する。
  これを繰り返すと必ず破滅するのはわかりきったことです。
● 出来ない支払いはしない!
● 住宅ローンの支払を延滞・滞納したことで連帯保証人にも迷惑がかかります。
  連帯保証人も含めた被害が最小限度で済むように出来るだけ早い時期に不動産を 売却するべきです。
● 最悪の展開を避けるには、勇気ある見切りが大切です。

あなたの側に立った任意売却

あなたの側に立った任意売却業者と、住宅金融公庫側・金融機関側・債権者側から紹介を受けた任意売却業者とでは、
当然あなたに対する態度は180度違います。弊社も保証協会様などから依頼を受ければ保証協会様側に立った任意売却の処理をおこなうものです。
あなたの側に立った、仕事を期待するならば弊社にご依頼ください!
例えば、引っ越し代の交渉ひとつ取っても、出す側に立った業者からの提案と、あなた側に立った業者の提案では当然違います。
契約後の引越の時期の交渉にしても立場が違えば提案も違うものです。
弊社では任意売却後の残った住宅ローンの支払い・債務に関しても、
ご依頼者様にとって納得の行く内容で債権者側と交渉をし、そして話をとりまとめていきます。
    あなたに合った最良の解決方法で、いち早く悩みを解決致します。
    競売や任意売却・・・誰にも相談できない借金の悩み。こんな事に慣れている人なんて一人もいません。みなさんが「初めての事でどうしていいかわからない」とおっしゃいますし、ただ家族や今後の生活の事を心配していらっしゃいます。しかし、最後にはほっと肩をなで下ろし、安堵の笑みを浮かべていらっしゃいます。
    住宅ローンの滞納・未払い問題など、あなたの今のお悩みを伺い、「個人再生の住宅ローン特則」を利用するのか?「任意売却で解決するのが良いのか?」「競売で処理した方が良いのか?」アドバイスいたします。任意売却専門業者だから持っている対応策のバリエーションで、あなたのための解決ご提案ができると思います。
お気軽にご相談下さい
お問合せはこちら

売却.netページ上部へ