リスケジュール (金融円滑化法に基づく住宅ローンの返済猶予)

生活状況の変化に合わせて、返済方法を変更する、すなわちリスケジュールすることができるかもしれません。

住宅ローンの返済で困っている方を、国を挙げて支援する仕組みができました。
金融円滑化法に基づく住宅ローンの返済猶予です。
たとえば「ボーナスが減り、ボーナス払いが厳しい」とき「ボーナス払い分を取り止め、その分毎月払い分の返済額を増やす」ことができます。
また「会社の業績が悪化し、収入が減ってしまった」ときは「返済期間の延長などで、月々の負担額を減らす」こともできます。

    わからないこと。不安なこと。お電話ください。0120-218-179


    相談は無料です。まずはご相談ください。
    お問い合わせフォームからのご質問は24時間受付OK、深夜でもOKです。
お問合せはこちら

まずは金融機関に相談することが家を残す第一歩です。

金融円滑化法に基づく住宅ローンの返済猶予を受けるには、まずは住宅ローンをお借り入れした金融機関に行き、
この制度を利用して家を残す相談を行いましょう。
あなたが必要とされる場合は『任意売却-総合案内 名古屋』が、金融機関窓口での相談の仕方からサポートします。
詳しくは『任意売却-総合案内 名古屋』にお問い合わせください。
    あなたに合った最良の解決方法で、いち早く悩みを解決致します。
    競売や任意売却・・・誰にも相談できない借金の悩み。こんな事に慣れている人なんて一人もいません。みなさんが「初めての事でどうしていいかわからない」とおっしゃいますし、ただ家族や今後の生活の事を心配していらっしゃいます。しかし、最後にはほっと肩をなで下ろし、安堵の笑みを浮かべていらっしゃいます。
    住宅ローンの滞納・未払い問題など、あなたの今のお悩みを伺い、「個人再生の住宅ローン特則」を利用するのか?「任意売却で解決するのが良いのか?」「競売で処理した方が良いのか?」アドバイスいたします。任意売却専門業者だから持っている対応策のバリエーションで、あなたのための解決ご提案ができると思います。
お気軽にご相談下さい
お問合せはこちら

売却.netページ上部へ